軒天に穴が!!犯人はダレだ!

P7280122
ある日お客様より
「軒天※に穴を開けられて困っている、キレイに直してください!」
と、ご依頼をいただきました。
(※軒天とは、屋根の真下部分、外壁から外側に出ている屋根の裏側部分のことを言います。)

早速拝見させていただきますと、なんとなんと!!
丸い穴が何ヶ所も開けられている!しかも2階部分の軒天です。高くてハシゴでも使わない限り
届かない高さです。
一体誰が?何の為に?この場所に穴を開けたのか・・・。


bird_kitsutsuki
正解は「キツツキ(ゲラ)」です。

お家の周りに緑の多い所では、しばしばこのようなケース(被害)を聞くことがあります。

調べてみると、「キツツキ」の木をつつく行為は「ドラミング」という
行為なんだそうです。
目的は、「木の中にいる餌を取るため」「巣を作るため」「コミュニケーションのため」などなど、いろいろな理由があるそうです。

ちなみに彼らは1秒間に20回の速さでくちばしを木に叩き、穴を開けるんだそう。その際の頭部にかかる力は重力の1000倍を超えているのだそう。すごい力・・・。
この力に耐えるべく骨や体の仕組みがうまい具合にできているんだそうです。

でもなぜ「キツツキ」は木ではなく民家の軒天に穴を開けてしまうのでしょう・・・。それもそんなすごい力で。正直迷惑な話です。
2
早速作業にとりかかります。
施工場所が2階屋根部分のため、高所作業車を使用しました。
1
大工さんが新しい軒天材を上から張っていきます。
P7280136-e1469841209989
無事作業終了!
開けられてしまった穴もきれいに塞がりました。
あとは、もうキツツキさん達に穴を開けられないように願うばかりです! (み)