茅葺屋根・・・う、美しい・・・!!

IMG_0611
先日お客様のお宅へ訪問した帰りに、大田原市黒羽向町にある
「くらしの館」にちょっとだけ立ち寄りました。

そこには150年以上前に建てられた茅葺屋根の民家がそのまま移築されており、ちょうど茅の葺き替えが終わったとのことで、入口には「祝 屋根葺替完成」なんて垂れ幕が掲げられていました。

茅葺の屋根なんてこの時代そうそう見られるものではありませんが、本当に美しい!きれいだなあーとしばし見入ってしまいました。
image116

見てください!この美しい形!この厚み!すごいですねー

茅は断熱性はもちろんですが通気性も兼ね備えられていて、建築資材としては本当に良いものなんだそうです。でも弱点は火事には弱いことですね。それから茅葺職人さん達も少なくなって、茅の入手も今は大変なんだそうです。

なかなか馴染みのない茅葺屋根ですが、こうやって見るとなんだかホッと懐かしくやさしい気持ちになれるのは、われわれ日本人のDNAなんでしょうかね。

なんとかこれからも、この歴史や文化を大事にしていきたいものですね。

ちなみにここ「くらしの館」でも販売される初秋が時期の種なしで大粒のぶどう「ピオーネ」は最高に美味しいですよー!!
(み)