栃木県 LDKリフォーム工事 G様邸

LDK完成
大きな吹抜けが目をひく南側リビングルームでしたが、冷暖房の効きが悪く、北側に広い独立型ダイニングキッチンがあっても、
大半の時間をリビングで過ごされるG様ご夫妻には、毎日の家事導線と、それぞれのお部屋の使い勝手が活かされず、
ついつい物置きのように使ってしまう…という問題を抱えておられました。
何とかこの空間を広々と、無駄なく使うことが出来ないだろうか。また冷暖房の効きも悪い、普段お部屋を締め切りがちで
空気の流れも悪く、カビなどにもお悩みもあり、これらを改善できるリフォームの提案を!ということで今回ご相談をいただきました。

before
LDK工事前
【工事前】
リビングの一角には小上がり式の
畳コーナーがありましたが、1段上がっての出入りと、出入口の間口と4.5畳という広さをなかなか使いこなせず、物置スペースと化していました。
その壁の向こう、隣の出入口の先にはもう2部屋、ダイニングキッチンがありました。
horizontal
after
LDK完成東
【工事後】
床をすべてフラットにし、取れる壁や柱を取り払い、取れない柱はお部屋のアクセントとして、また壁は新しい空間の間仕切り壁として、生まれ変わりました。
小分けにされていたお部屋をひとつにし、どこにいても家族の気配を感じられるような空間に仕上げました。
before
LDK工事前吹抜
【工事前】
南側リビングの吹抜け。
天井が高くお部屋の広さが際立つ素敵な空間でしたが、冷暖房の効きが悪く、天窓からせっかく温まった空気が逃げ、更に結露水による周辺壁(天井)の傷みも見受けられました。
また建物自体の周辺環境が良いのにも関わらず、南面に小さな連窓が設置されていたため、せっかくのお部屋の広さと日当たりを活かせない、もったいない状況でした。
horizontal
after
LDK完成吹抜
【工事後】
思い切って吹抜けをつぶし、天井を設けました。
お部屋自体が広い為、吹抜けをなくしても圧迫感は感じられません。またもともとの天窓を活かして、煙突状にし、室内側にもう1枚窓サッシをはめ込み、熱の逃げは防ぎながら、日中のたっぷりとした太陽の光は取り込むようにしました。南面のサッシを大きな掃き出し窓へ交換。広いお庭とそこで遊ぶワンちゃんの姿をいつでもリビングから見ることができます。新しくなった床面と外部に面する壁には断熱材を充填しなおし、窓サッシもアルミサッシから複合サッシへ交換。断熱性をアップさせました。
また締め切りがちなお部屋でも、空気の流れを保つために、ロスナイを設置。今までのお部屋の空気感が改善されました。
築年数
築28年
工期
約2.5ヶ月(他工事含む)
建物種別
木造2階建て

物件詳細